エコノミーニュースルーム

お金、貿易、ビジネス、暗号通貨に関するニュース

米国民主主義の真実


     米国

(マリオ・カヴォロ)
世界は過去20年間、アメリカの民主主義と統治の有効性の着実な低下と腐敗の増加を目の当たりにしてきました。そこでは私達は、完全に異なる行策を明らかにする歴史的記録を明確に見る事が出来ます:家臣国家の権力と支配は米国政府の操り人形なのです。そしてその権力と支配を得るための犠牲には、世界中の何百万人もの罪のない人々の虐殺と彼らの生活の荒廃などが含まれています。


遥かに昔の歴史はさておき、朝鮮戦争から始まる近代史は明確に70年の期間があります。1949-1971「22年間もの間(1949-1971)、米国は中国の共産主義政府を混乱させ、不安定にし、弱体化させようとしました。ワシントンは、中国(以下「中国」)は、非共産主義の隣国の安全を脅かす攻撃的で拡張主義的な勢力であると信じていたのです。」


70年後の現在、世界は、南シナ海のいたるところに中国封じ込めために数珠繋ぎ状にに散在させてある軍用船の船団を通し、日本と韓国の無数の米軍基地を見守っています。


1979年から2016年までの完全な外交関係に続いき、2016年からは正式に「新しい冷戦」期間に入り、再び制裁措置がとられています。それ以来、中国政府、そして多くの中国のハイテク企業の両方を対象とする米国によっての悪意のある制裁と非難は、台頭する中国との関係をさらに悩ませてきました。さらに言えば、分離主義を支持するチベットでのCIAの秘密戦争に関する公然の歴史的政府記録やその他の研究から、ダライラマ自身こそが1989年の天安門広場事件の学生抗議者と一緒にCIAから年間18万ドルの支払いを受け取っていたことがわかりました。当時、中国の米国大使であったジェームズ·リリー(1989年4月20日から1991年)は、アジアで働き、CIAエージェントの中国への挿入を支援していた元CIA工作員であり、CIAによって資金提供及び計画されていました。


私たちは現在、報告された敵国を阻止し、威嚇し、操作し、制御するために冷戦同等の経済的および軍事的戦術が、世界中の標的国に対して数え切れないほど繰り返されてきており、念密に計画されものであるという事を確認する事ができます。私たちは、アジア、ラテンアメリカ、中東(およびキューバのような場所)全体で、小さな国の外国政府が米国政府の利益と要求に従わない場合、彼ら自身が調整、そして組織化されたキャンペーンのターゲットであるということに何度も気付かされます。CIAとペンタゴンは、行動同意決定のため作成した告発の、組織化されたキャンペーンを通じ、指導的立場を弱体化させ、その後、経済および貿易制裁、商品禁輸、機密および公の軍事行動、選挙干渉、法律としまず初めに現れる行動実行の多くの場合は、未知の資源からの資金提供によって支持されているファイリングとロビー活動です。それらの動機が十分でない場合には、軍事行動が次に来るのです。米国政府の多くの影響力のあるタカが、主に台湾の地位の継続的な問題を介して中国との戦争に対した製造同意に焦点を合わせているため、これらの取り組みの多くがまさに現在実行されていることがわかります。


1998年までさかのぼり、異常に尊敬されているブルッキングス研究所は、「経済制裁:あまりにも多くの悪いこと」というタイトルの政策概要#34を発表し、米国による制裁は「米国の利益の表明にすぎない」と述べています。民主的な自由を通じて世界をより良い場所にしたいという利己的な願望である、と。確かに、自由の名の下に他人を虐殺することによって他人の自由を奪うことは、いかなる手段や原則によっても偽善的であるように思われます。


ブラウン大学の国際広報ワトソン研究所で設立によるの戦争費用プロジェクト、民主主義を輸出するための努力費、そしてそのため米国が行なった軍事戦争費の情報まで以上に単的で莫大な費用がかかるものはありません。 50人を超える学者、法律専門家、人権実務家、医師で構成されたチームが、イラクとアフガニスタンでの9/11後の戦争費、およびそれに関連するパキスタンとシリアでの紛争について論議しているのです。アメリカの民主主義の名の下に世界中で行われた被害に関する彼らの調査結果のリストは、単純に並外れたものです。


• 9.11後の戦争での、直接的な戦争による暴力による929,000人以上の死者数、そして戦争の反響、影響によってさらに数倍の死者。
• 戦闘の結果、387,000人以上の民間人が殺害。
• 戦争難民と避難民の数、3800万人。
• 8兆ドルを超える9.11以降の戦争の米国連邦価格。
• 米国政府による85カ国でテロ対策活動。
• 戦争による、米国および海外での人権と市民の自由の侵害。
 
人々の避難に関する2020年の戦争費用報告書によると、2001年以降に行われた米国による8つの最も激しい戦争には、アフガニスタン、イラク、パキスタン、イエメン、ソマリア、フィリピン、リビア、シリアが含まれています。引き起こされた破壊には、家を追われた3800万人の見積もりが含まれており、最終的には、避難民に与えられた被害を修復する責任を誰が負うのかという疑問が生じています。


米国以外の他国では数え切れないほどの数百万の市民が、完全に殺されなかったとしても、軍事行動と制裁によってホームレス難民の地位に追いやられ、さらに悪化しています。これらの酷くネガティブな状況は、自国での巨大な人道的危機改善のため必要な対応を処理することができない国の政府に、余分な負担を生じています。


私たちは、アメリカによるの民主主義を発揮する努力の真の意図と議題は何であるかを尋ねることによって結論を下さなければなりません。米国は本当に民主主義とその統治の原則を発揮しようとしているのでしょうか?


結論を出すのは難しいことではありません。非民主的で独裁的な手段と方法の使用によって世界中の国と人々へと強制されたアメリカ式の民主主義は、対処されなければならない不穏な偽善に相当します。多極世界と世界経済のニーズは、人々の真の民主主義の定義をもたらすために、すべて政府による努力、行動を必要とし、その上満たされるのです。

×

非ログインユーザーとして返信する